どんな場合に診断するの?

中古住宅インスペクションは、どんな場合に診断するの?

\中古住宅購入/

①【中古住宅購入】購入したいと思っている住宅がある

\住宅売却/

②【住宅売却】現在の住まいの売却を考えている

\メンテナンス/

③【自宅】今の住まいに不満がある

\アドバイス/

④【自宅】築年数のが経過で、経年劣化の状態や修繕を必要とする箇所、時期についてアドバイスしてほしい。

この中に当てはまるものがあれば、その時がホームインスペクション(住宅診断)のタイミングです。
住宅は永年、家族の生活拠点となるものなので大切にしたいものです。
こちらでは「ホームインスペクション神奈川」が住宅診断を実施するベストタイミングをご紹介しています。

タイミングその1 中古住宅の購入前

中古住宅を購入する前に住宅診断を!

新築物件であればさほど気にならないところも、中古住宅では、これまでの経年劣化や使い方が気になるところです。
そこで 購入前にはホームインスペクション(住宅診断)を行って、建物の経年劣化の状態などの住宅コンディションを知っておくことが重要です。
ホームインスペクションの内容は、対象となる住宅が新築か中古、戸建orマンションかといった条件、住宅の規模、構造などによって異なります。
たとえば一戸建てでは、基礎、外壁、屋根、バルコニー、雨どい、シャッター他のひび割れ、欠損などの状態をチェックしていきます。詳しくはこちらをご覧ください
※ 住宅診断は何をするの?

このタイミングで中古住宅インスペクションを行うメリット

 

  1. 対象物件の状態をよく把握した上で、買う買わないを検討する事ができる
  2. 入居後、不具合が発生してしまうと、・売主側とのトラブル・修繕工事の立ち会い・過度のストレスなどを避けられる
  3. 「買ってはいけない住宅」「欠陥住宅」やを購入するリスクを減らせる
  4. 購入後、「いつ」「何を」修繕すべきか、またその大まかな費用がわかるので、メンテナンスの実行計画を立てられる

 

 

【購入を検討している方】住宅診断のベストタイミングは「申込み後・契約前!」

 

ホームインスペクション(住宅診断)は、住宅を購入する前に実施することが大切ですが、より細かくお伝えすると、「申し込み後」かつ「購入前」がベストなタイミングだと言われています。

その理由は、申し込みをしていない段階では、他者にその物件を買われてしまう可能性があります。しかし、「買付証明書」「申込書」などの書類に記名・捺印をして、「申込金」を支払えば、まだ契約には至らなくとも、その物件を確保することができます。

この段階でホームインスペクション(住宅診断)を行い、建物に過度の問題が見つかった場合には、まだ契約していないことで購入をやめることができます。
また、ホームインスペクションの結果によって修繕の時期、費用もわかるので、購入後の修繕計画も立てやすくなります。

 

業者売主物件なら「引き渡し前」でも有効!

通常は「重要事項説明」が提示され、その後「売買契約締結」という流れです。
これは同日に行われるケースが多くあります。
新築一戸建て・新築マンションなどの場合には、契約者数が多いことから「重要事項説明会」「契約会」などを別の日に設け、それぞれ契約者にまとめて対応するケースもあります。

「重要事項説明書」「不動産売買契約書」に記名・押印し手付金を支払うと契約成立。
この瞬間から契約に基づく「権利」「義務」が発生します。

「引渡し」の法的な見解では、「お金と権利の交換」となります。
お金を支払ってしまう前に、インスペクションで建物の状態・仕上がりを確認して、不具合などが見つかれば、
事前に修復してから引き渡してもらいましょう。

 

 


タイミングその2 住宅の売却前

中古住宅インスペクションを実施するタイミング

これまで中古住宅は、「その状態がよくわからないから不安」という理由で、敬遠されてきました、しかし近年の中古住宅リノベーションの人気は若い世代を中心に、年々上昇しています。 
買い手側からすると、気になることは「経年劣化による建物の状態」となります。
建物が時間の経過により劣化するのは自然のこと、問題なのは「その劣化がどの程度なのか」「過度の劣化」に値するのかということです。
この買う側の大きな不安を解消する情報をホームインスペクションで、あらかじめ用意し購入希望者に提供することで、住宅の売却はスムーズに進むことでしょう。
また、契約後に不具合が発覚し、買主側とのトラブルになるということも事前のホームインスペクションで、十分回避することができます。

 

このタイミングで住宅診断を行うメリット

 

  1. 100項目以上にも及ぶチェックを行うので、家の状態を正確に知ることができる
  2. 売却の際に不利益になる箇所を事前に修繕することができる
  3. 引き渡し後のトラブルや保証、不慮の出費を回避できる
  4. 「ホームインスペクションレポート」があることが売却に有利になる

 


タイミングその3 家に不安・気になる箇所がある時

住宅診断、家に不安がある、屋根裏点検

住宅は年数の経過と共に経年劣化が進行するものです。
「リノベーション・リフォームしよう、建て替えようか迷っている」「もう少しで売主の保証期間が切れてしまう」など、住まいに不安があったら、ホームインスペクション(住宅診断)を実施することをお勧めしています。
5年おき程度の定期点検が理想です。

 

このタイミングで住宅診断を行うメリット

 

  1. 100項目以上のチェックを行うため、家の状態を正しく知ることができる
  2. リノベーション・リフォームか建て替えをするかの判断ができる
  3. 問題となる部分の早期発見・早期対処ができ、結果としてコストを抑えられる
  4. 「ホームインスペクションレポート」を得ることで住宅資産価値の維持につながり、売却時には買主に引き継ぐことができる
  5. 建物の保証期間中に不具合を発見できれば無料で補修を受けられる可能性がある

 


どんな人が住宅診断をするの?

中古住宅診断はどんな人が検査するの?

1級建築士大和久先生の住宅診断 中古住宅診断はどんな人が検査するの?

 

「ホームインスペクション神奈川」では、一級建築士の住宅診断のホームインスペクター(住宅診断士)が住宅診断を実施しています。

ホームインスペクション神奈川 代表一級建築士 大和久 明男 のプロフィールはこちら
これまで15年以上、5000件以上の住宅トラブルを解決してきた経歴と実績を持ち、中古住宅の診断には力強い自信があります。

ホームインスペクションのことや、お住まいで不安なことなど、何でもお気軽にご相談ください。