住宅診断業務ポリシー

ホームインスペクション神奈川では、あらゆる建築様式の建物と工法について、15年以上の住宅診断実績での経験に基づいた建物診断をご提案します。

「ホームインスペクション神奈川」住宅診断ポリシー

 

ホームインスペクション神奈川 中古住宅診断ポリシー

ホームインスペクション神奈川の中古住宅診断は、所有者(購入者)様の立場で実施いたします。

単に診断するのみではなく、住宅診断の結果、何か不具合等が見つかった場合は、施工業者様に直していただけるようしっかりとサポートします。

 

住宅の購入はお客様にとって非常に高価な買い物です。

また、購入後は大切な家族と共に長期間そこに住み続けることになります。

一般的に、住宅は買い替えが簡単ではなく、長期にわたって使うものです。

完成後、建物引渡し後も、経年にともない住宅のメンテナンスが必要となることがあります。

メンテナンスが必要な場合、その工事をするのは、建物を施工した業者様にお願いするのが最もスムーズです。

つまり、所有者(購入者)様にとって、完成後、建物引渡し後も、建物施工業者様と良好な関係が保てるということが理想です。

「ホームインスペクション神奈川」では、住宅診断で見つかった不具合は施工業者様に適切に補修していただけるようしっかりとサポートするのとあわせて、建物引渡し後も、建物を施工した業者様と所有者様とが、良好な関係を保てることを主義に、住宅診断をいたします。


「本当に頼んで良かったと思える住宅診断」にこだわっています。

それは、「住宅診断の品質にこだわること」と考えています。

お客様にとって「有益な情報」を得られることが本質であり重要なポイントです。

「ホームインスペクション神奈川」では、常に「有益な情報」をご提供するための診断を心掛けて、

お客様が住まいを安心して購入、売却できるようにサポートさせていただきます。

 

ホームインスペクション神奈川 代表 大和久 明男

中古一戸建診断ポリシー

ホームインスペクション神奈川 中古戸建住宅診断ポリシー

一見しただけでは分からない建物の構造、状態を買主様の代わりに診断いたします。

住宅(建物)には数種類の工法が存在します。
2×4(ツーバイフォー)工法、在来軸組工法、プレファブ工法、RC工法、鉄骨造など。
これまでに、このすべての工法の住宅診断を行ってまいりました。
診断過程で異なる工法に対し、臨機応変に対応できます。

近年様式の建物診断のご依頼が多くを占めますが、これまでに明治・大正時代の町屋、数奇屋建物や
工場建物、江戸時代の町家、その他、茅葺建物なども数多くの調査診断をさせて頂いております。
そのため数多くの古建築にも精通しています。

建物用途としては個人の住宅が過半数を占めていますが、医療福祉施設、介護施設、
一棟売り投資用マンション、ホテル、公共建築なども調査診断しております。

中古マンション診断ポリシー

ホームインスペクション神奈川 マンションホームインスペクション(住宅診断)ポリシー

購入時の状況だけでなく将来を見据えたメンテナンスのことも考慮し診断いたします。

大手デベロッパーのマンション、地元工務店販売のマンション、一棟売り投資物件、
賃貸マンションなどの調査診断しております。

専有部分、共有部分ともに調査することで、将来的な修繕についてもご報告いたします。

4階建て以上のマンションについては、一級建築士でないと設計監理ができません。
これらの調査診断業務は建物を建てることのできる一級建築士が調査する業務範囲です。
マンションにおいて設計監理した経験のある者でないと、全般的な把握には限界があります。
ホームインスペクション神奈川では、マンションの住宅診断は必ず一級建築士が実施いたします。