よくある質問

中古住宅インスペクション(診断)でよくある質問

中古住宅診断でよくある質問

これまでに中古住宅のインスペクションで、多くの質問があった内容です。

床下や屋根裏の詳細調査(オプション)は利用したほうがよいですか?
木造の場合は重要なチェックポイントが多いので、基本的にお奨めいたします。鉄骨造の場合は木造ほど見るポイントがございませんが、できれば利用した方がよいです。
白アリの被害状況についても確認できるのでしょうか?
全ての確認はできませんが、点検口などから目視可能な範囲で確認致します。
床下の詳細調査オプションをご利用いただくと、より広範囲に確認できます。
誰の立会が必要ですか?売主が立ち会う必要性はありますか?
 お客様(依頼者)のほかに、売主または不動産仲介業者のいずれかの立会いが必要です。 不動産仲介業者の立会いがあれば、売主の立会いはなくても問題ございません。もちろん、立会いしていただいても結構です。これは、売主が居住中であっても空家であっても同様です。
住宅診断・調査は誰が実施するのですか?
ホームインスペクション神奈川の代表 大和久明男が住宅診断を実施します。 担当者のプロフィール
電話での相談は可能ですか?
30分程度であればご相談を承ります。
必要書類がほとんど揃っていないのですが、書類がないと検査はできませんか?
新築物件はほぼすべての建物において設計図書類が完備しています。
業者さんにお話しすると図面が出てくるケースが多くあります。
ただし、築年数が古い建物では設計図書類が揃わないことが多々あります。
実際の診断は現状を目視したり、精密機器による測定を行います。
設計図書類が揃わなくても診断には大きな影響がないのですが、診断にて不具合が生じている場合は、より詳細な設計図書があれば、その原因究明も早いです。
中古住宅の所有者の方が居住中でも診断可能ですか?中古マンションの所有者の方が居住中でも診断可能ですか?
診断は可能です。ただし、家具などで調査診断できない場合はあります。その際、売主の方にご協力いただいて家具を移動させていただく場合もあります。可能な限り調査診断いたします。診断は非破壊検査なので、家具などはもちろんですが、建物や設備を壊したり傷つけたりすることはありません。
今後どのくらいこの建物に住めるか判断できますか?
正確な判定は正直言って難しいです。診断結果で建物の傷み具合などはお話しできます。
また、建物のリフォーム・メンテナンスを行なうことで建物寿命に大きな差が出てくるとも考えられます。
設備の取り換え時期などはお話しできます。 マンションの居住年数については、長期修繕計画が組まれており、共用部分の大規模修繕の実施状況などにより建物の傷み具合が異なり、建替え時期も異なります。
長期修繕計画がしっかりと策定されて、しっかりとした大規模修繕の実施状況が決め手になる場合もあります。
中古マンションの耐震基準適合証明書の発行はできますか?
マンションの場合、一棟全体の耐震診断を行わなければなりません。
申し訳ありませんが、弊社では対応しておりません。
耐震診断の結果を踏まえて耐震基準適合証明書にいたるため、弊社ではマンションの耐震診断は取り扱っておりません、
よってマンションの耐震基準適合証明書も発行いたしておりません。
中古一戸建て住宅にて耐震基準適合証明書の取得を考えています。どのような診断が必要ですか?
耐震診断が必要になりますので、別途の耐震診断を受けていただきます。(耐震診断のみの検査は受付けておりません)建物診断後、適合証明書を取得可能な場合のみ適合証明書発行費用が別途で発生します。
現在住んでいる住宅で不具合が出ていますが、検査診断できますか?
どのような不具合状況なのかを事前にご相談いただけると、適正の診断項目、調査方法をご提案させていただいております。
住宅性能評価や住宅性能保証制度により、第三者機関による検査があるようです。二重に検査を受ける必要性は?
業者依頼による住宅性能評価機関などの現場検査は、マニュアルに基づいた最低限の検査内容になっているケースが多く、業者に向けた検査手法になりがちです。
当社はお客様目線による性能評価機関だけではチェックしきれていない部分を、視点を変えた検査内容とより細かな診断方法でよりよい住まいづくりにご協力いたします。
既存住宅かし保証保険は建物引き渡し後に加入できますか?
申し訳ございませんが、こちらに関しては、お引渡し前でないとご加入できません。

 

その他、ホームインスペクション(住宅診断)でご不明な点は下記よりご相談下さい。

住宅診断の無料相談窓口