中古住宅インスペクションとは

初めての方へ

中古住宅インスペクションとは

「欠陥住宅ではないか?」 「いつごろ、どこに、どれほどのお金がかかるのか?」 「あと何年くらいもつのか?」

 

中古住宅インスペクション(中古住宅診断)とは、熟練の住宅に精通した専任インスペクター(1級建築士)が、第三者的な立場から、また建物の専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行なう専門業務を指します。

中古住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行なうことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。

居住中のご自宅についての診断も実施します。

また、不動産仲介業者が物件の状況を消費者に明らかにするために利用するケースも増えています。

 

中古住宅インスペクション(診断)の方法は、目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。機材を使用する詳細診断もあります。ホームインスペクターは住宅の「かかりつけのお医者さん」です。

インスペクション普及率の推移

 

米国では、州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。日本でも近年、急速に普及しはじめています。

神奈川の中古住宅インスペクション(住宅診断)に特化した「ホームインスペクション神奈川」では、神奈川県建築士会所属の 一級建築士による中古住宅のインスペクション(住宅診断)を行っています。

建物を知り尽くした建築のプロが大切なお住いの劣化状況や改修すべき箇所、おおよその修繕費用などを診断するホームインスペクションを実施しています。

どんな建物でも、竣工の日から風雨や大気中の汚染物質にさらされています。ケースによっては外壁にひび割れ(クラック)が入ってしまったり、雨漏れが発生したりと劣化は徐々に進行してしまいます。

こちらでは、中古住宅インスペクションのメリットや注意点を含めて詳しくご紹介します。

 


 中古住宅インスペクションについて

住宅は人生でもっとも大きな買い物の類であり大きな資産価値を構築することができるものです。

トラブルで後悔しないためには「住宅購入」「住宅売却」の前に、その物件に問題がないかをしっかりと調査することが大切です。2018年の法改正以降、中古住宅インスペクション(住宅診断)の要望は急速に拡大しています。

そのホームインスペクション(住宅診断)の特徴は次の通りです。

中古住宅インスペクション(診断)業務ができる人

 

NPO法人日本インスペクターズ協会(JSHI)で実施されている試験に合格して資格を有することが最低限の条件です。
よって国家資格の建築士免許(1級建築士、2級建築士)を有していない人でもホームインスペクター(住宅診断士)として活動している方も存在します。

中古住宅診断・調査で実施すること

 

売り主側でも買い主側でもない「中立の立場」「第三者性の堅持」の立場から「住宅を診断」「調査」「報告」「アドバイス」を行います。

中古住宅診断・調査の内容

どのような「経年劣化状況」が発生しているのか、その原因は何か。
あとどれくらいもつのかなどの劣化状況調査
建物に「欠陥」や「後々トラブルとなる要素」はないかなどの欠陥の有無
「いつ頃、どこに手を入れるべきか」などの改修すべき箇所
上記の改修に要する費用の目安

中古住宅診断で何がわかるの?

・著しい建物の傾き
・不同沈下している可能性
・継続していると思われる雨漏れの形跡
・著しい施工不良の有無
・構造耐力上主要部分の著しい損傷
・躯体の腐食・変形の有無
・屋内給排水管の著しい劣化・漏水やその形跡
・詳細調査を行う必要のある箇所の有無

中古住宅診断の目的

 

  1. 中古住宅の売買時に、建物のコンディションを理解して上で判断をしていただくため
  2. ご自宅の定期点検
  3. 空き家の対策/活用
  4. 不動産仲介業者が取引を円滑に進めるため

 中古住宅インスペクションの認知

日本では最近耳にすることが増えてきた「ホームインスペクション(住宅診断)」というワードですが、アメリカや、オーストラリアでは住宅取引の70%~90%の割合でホームインスペクションが行われている州も多数あり、すでに常識となっています。

日本では2013年6月に国土交通省から「既存住宅インスペクションガイドライン」が出され、インスペクション(住宅調査)の内容・調査範囲・調査資格者などに一定の基準が設けられるなど社会的な環境基準が進んでいます。

 

中古住宅インスペクションは誰が依頼しているの?

中古住宅インスペクションを依頼する人の割合 (買い主、売り主、業者)

※弊社でのホームインスペクション(住宅診断)をご利用いただいたおおよその割合イメージ
ホームインスペクションをご利用いただいた方で最も多いケースは、買い主が物件購入前にリスクヘッジとして活用されています。

買い主がホームインスペクションを依頼する理由

 

  • リスクヘッジ
  • 修繕が必要な箇所を把握しておきたい
  • 修繕費用の目安が知りたい
  • 利害関係のない人から「依頼者目線」での情報を得たい

などの理由があります。

売り主がホームインスペクションを依頼する理由

では、売り主さまからのご依頼ケースを紹介します。

  • リスクヘッジ
  • 円滑な売買取引を求める(契約後にトラブルになりたくない)

契約後に指摘されるとトラブルになる確率が高まる
事前に説明することで隠れた瑕疵にはならない

仲介業者からの依頼ケース

  • 担当者自身のリスクヘッジ
  • 顧客から依頼されて
  • 差別化サービスの一貫として

施工会社からの依頼ケース

こちらに関してはほとんどのケースが施工会社と顧客とのトラブルとなったケースです。
第三者が仲介することでスムーズに解決できることが多くあります。

 中古住宅インスペクション(診断)のメリット

Point!

安心して住まうため、また納得して売買取引を行うために、ホームインスペクションには多くのメリットがあります。

 買い主にとってのメリット

 

  • 「買ってはいけない住宅」や「欠陥住宅」を購入するリスクを減らせる
  • 入居後に不具合が判明して売主側とトラブルになったり、修繕工事を行ったりする際の煩わしさから回避できる
  • 建物のプロである一級建築士のホームインスペクターが検査・診断するため、安心して購入、居住できる
  • 居住後、「いつ頃」「どの箇所を」修繕するべきか、また目処が立つので見通しが立てられる
  • 診断報告書を住宅資産価値に維持に用いる為のデータ「住宅履歴書」として残したり、売却時に新たな買い主に引き継ぐことができる

 売り主・仲介業者にとってのメリット

 

  • 買い主に対して住宅のコンディションを明らかにできるため、余計な心配や不安を抱かれることなく、取引がスムーズに行える
  • 売却後に不具合が見つかり、買い主との間でトラブルになることを防止できる。万が一不具合が見つかった場合でも意図的に隠蔽していたとは誤解されない。

中古住宅インスペクションは、買主、売主、業者の3者にメリットがあります。

建築のプロが第三者となり建物の診断(情報提供)を実施するホームインスペクションでは、買う側、売る側、仲介する側、取引に関わるすべての人にメリットとなります。
ホームインスペクションは、安心・信頼の取引に大きなメリットをもたらすものです。

 

ホームインスペクション(住宅調査)は、その箇所を目視できる範囲で調査します。
構造材の劣化、欠損、雨漏れ後などを確認します。
※床下や天井に侵入しての非破壊検査や鉄筋調査なども可能です

 


POINT!
ホームインスペクション神奈川では「フラット35」申請時の検査項目と「既存住宅瑕疵保険」申請時の検査項目以上の範囲を網羅しています。よりご安心してご利用いただけます。