中古住宅インスペクション(診断)でどう安くなる?

ホームインスペクションでどう安くなるの?

 

中古住宅インスペクション(住宅診断)を実施する際には調査報告費用がかかります。

しかし結果的に、その後にかかる費用を抑えることができるケースがあります。

中でも一般的なものをご紹介します。

 

住宅ローン減税(控除)が受けられる

 

既存住宅瑕疵(かし)保険は住宅ローン減税を受ける条件にもなっています。

所得税の控除をはじめとする税制上の優遇を受けることが可能になります。

条件によって異なりますが、中古住宅を個人間売買で取引した場合は、最大200万円(それ以外の場合は最大400万円)の控除が受けられますので、その後の負担を軽減することができます。

 

最大40万円/年間 10年間で400万円も得することができます!

 

>ローン減税について詳しく見てみる

 

 

欠陥住宅の場合に補修費用等の保険金でまかなえる

 

中古住宅購入の際、「ホームインスペクション神奈川」でホームインスペクション(住宅診断)を実施すると、既存住宅瑕疵(かし)保険に加入するための調査を実施したことになります。

既存住宅かし保険に加入しておくと、購入後に欠陥が見つかった場合でも、保険会社から保険金が支払われます。

つまり、結果的に購入後の修繕費の実質負担を安く抑えられます。

 

既存住宅瑕疵(かし)保険加入の大切なポイントです!、

 

>既存住宅瑕疵(かし)保険について詳しく見てみる

 

 

その後のリノベーション・リフォーム費用が安くなる

 

ホームインスペクション神奈川保養を安くするには

 

中古住宅を購入される方で、リノベーション・リフォームを念頭に購入される方も多くいらっしゃいます。

しかし、いざリノベーション・リフォームを実施するとなったときに、あれもこれもとなってしまい、いつのまにか必要以上に予算がオーバーしてしまったというケースも見られます。

ホームインスペクション(住宅診断)を実施することで、その住宅の現状や今後の劣化可能性が部分ごとにわかります。

つまり本当にリノベーション・リフォームすべきポイントがわかり、適切なリフォーム・リノベーション費用で安く抑えられることが出来ます。

 

事前に住まいの正確な情報を知ることができるので、リノベーション・リフォーム業者との見積り段階での交渉がスムーズに進みます。